【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード!2023 【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ ユーロード!2023

和歌山U・Iターン就職情報サイト

会員登録 LOGIN MENUMENU

会いたい先輩に追加しました。
改めて、企業担当者からご連絡させていただきます。

会いたい先輩から削除しますか?

Senior’s Voice先輩の声

株式会社伊藤農園

トップへ戻る

株式会社伊藤農園

株式会社伊藤農園イトウノウエン

企業情報へ
業種
メーカー
本社所在地
和歌山県有田市宮原町滝川原

先輩の声

地元和歌山のことを知ってほしい!その思いを形に。

松山 あずみ

松山 あずみ

2016年

年齢
23 歳
出身校
京都光華女子大学   健康科学部健康栄養学科
役職
製造部
  • 現在の仕事内容

    自社工場で、ジュースやゼリーなどの製品作りに携わっています。
    ジュースやジュレの充填作業を始め、次の日のシフト表作成も私の毎日の仕事となっています。作業が滞りなく効率よく行えるよう意識しながら、人の配置や休憩時間の位置などを決めています。現場の声を聞きながら無理のないシフト表作成を心がけています。
    私は商品開発委員会に所属しています。私は素朴ドリンクシリーズに新たにじゃばらを追加することを提案しました。何度か試作を重ねてすっきりと飲みやすい素朴じゃばらを完成することができました。このように商品化に向けてみなで意見を出し合い、作り上げていけること、社員の声を形にできることが仕事の醍醐味です。
    ジュレの種類の中で難しいのは甘夏です。酸度が強い影響でうまく固まらないことがあります。一度甘夏で硬さがゆるくて失敗してしまい、もう作りたくない!と思うことがありましたが、先輩が一緒に原因を探してくださり、大事なポイントを知ることができたおかげで失敗しなくなりました。その時のことはとても印象に残っています。

  • この会社に決めた理由

    私が伊藤農園を知ったのは就活サイトで見つけたのがきっかけです。
    私は県外の大学へ進学しましたが、そこで出会った人たちの話を聞いていると、和歌山のことをあまり知っていない人が多いことに気づきました。
    そこで和歌山といえばみかん、そのみかんを地元で生産、加工し、全国に届けている伊藤農園に魅力を感じ、入社を決めました。
    私は食べること、作ることが好きなので食品関係の仕事に興味がありました。
    伊藤農園では味はいいのに傷がついて見た目が悪いものでも商品にならないかということでジュースやジュレ等の加工部門にも力を入れています。立ち止まってはいけないという前向きなチャレンジ精神のすごさを感じました。
    この会社で働くことができたら会社だけではなく、自分自身も大きく成長できるのではないかと思い、伊藤農園で働くことを決めました。
    製造での中の仕事だけではなく、催事や展示会といった外への仕事も増え、お客様の反応を見たときにおいしいと言ってもらえたときはいつもうれしいです。

  • 入社してから今までで印象に残っていること

    私は入社して製造部に配属されました。
    ジュレの配合作業では砂糖や寒天の配合割合の計算、ジュース充填作業では慣れない機械や配管の操作等覚えることが多かったり、20kg、30kgの原料を運んだりと入社当初は頭脳面、体力面ともに大変でした。しかし毎日作業をこなしていくと、ジュレの方では硬さやおいしさが安定してきたり、ジュースでは機械に異常が出てもすぐに対応できるようになったりと、自分自身、日々成長を感じています。
    年に数回、営業の方と試食販売に行く機会がありますが、お客様がおいしいと言って食べてくださる姿をみると励みになります。

  • この仕事のやりがい

    会社だけでなく自分も成長できる場所だと思っています。
    私は機械を扱うのが苦手なので、ジュース充填作業を覚えるのにはとても苦労しました。操作が間違っているときは先輩方が厳しく、丁寧にご指導くださいました。失敗して落ち込むこともありましたが、失敗したことはとても記憶に残るので、今ではその経験も生かされています。
    伊藤農園では6次産業として生産、加工、出荷の全てを一つの会社で行っています。
    普段は製造部で働いていますが、ほかの部署が忙しいときは応援に行くこともあります。商品がお客様の手に届くまでにたくさんの人が関わっており、部署間の連携が重要であるということを実際に肌で感じることができました。

    伊藤農園の売れ筋商品といえばジュースとジュレです。果汁だけではなく、皮を使用したマーマレードやピールもこれからもっともっと売れていけるように、そして伊藤農園にしかないような商品を開発できるように、頑張っていきたいです。

pagetop

Share on